FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

間違った洗眼の仕方



洗顔のしすぎや間違った洗顔は角質層にダメージを与え、
乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミなど、様々なトラブルの原因となります。





1つずつ、説明していきます





【間違った洗顔によって失われるもの】


洗顔の目的は、酸化した皮脂やメイクなどの汚れのみを落とすことです。

しかし、お肌に必要な皮脂や、
お肌のうるおいを保つ角質層の細胞間脂質(セラミドなど)や天然保湿成分(NMF)まで
洗い流してしまうような、過度な洗顔をしているケースが多く見受けられます。

酸化した皮脂は肌に刺激になってしまいますが、
必要な皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分(NMF)は、
お肌を乾燥やアレルゲンなどから守る大切なバリアです。





【洗いすぎは、洗顔後の保湿ではカバーできない】



皮脂や細胞間脂質、天然保湿成分(NMF)を洗い流しても、
「化粧水と乳液で保湿をすれば良いのでは?」と思うかもしれません。

しかし、ダメージを受けたお肌のバリア機能が回復するのには、一晩~数日が必要となります。

バリア機能が低下している間は、乾燥やアレルゲン、紫外線などに弱い状態となっているため、
肌が乾燥したり、普段ならかぶれない様な成分に反応したり、いつもより紫外線の影響を受けやすくなっています。

肌には自浄作用があり、汗とホコリは、ぬるま湯で十分に落とせます。

大切な皮脂を守りながら不要な汚れだけを落とす、正しい洗顔を身につけましょう。

そうすれば、ニキビ、乾燥性敏感肌、肌に合う化粧品が見つからないといったお悩みや、
様々なトラブルが解消することもあるのです。





【間違った洗顔から起こるトラブルの例】


●毛穴が目立つ脂性肌に

お肌に必要な潤いまで奪ってしまうと、どうなると思いますか?

お肌は皮膚を守ろうと自己防衛反応がおこって、奪われたぶん皮脂をたくさん出そうとします。

そんな状態が続くと、皮脂腺が発育してしまい、脂性肌になってしまいます。

すると、毛穴が盛り上がってしまい、いつも毛穴が目立つことになってしまうのです。



●にきびの原因に

洗顔のしすぎで、
お肌のバリア機能がダメージを受けてしまうと、水分が逃げて乾燥しがちになります。

その状態が続くと、角質の生まれ変わる新陳代謝が遅くなり、古い角質がたまりやすくなります。

すると、毛穴に古い角質がつまってしまって、
皮脂の出口がふさがれ、にきびができやすくなるんです。



●シミやくすみの原因に

間違った洗顔で、お肌のバリア機能がダメージを受けた状態になると、お肌がカサつきます。

だからといって、美容液やクリームなど油分の多く入った化粧品をつけると、

化学成分の影響で炎症を起こす可能性があります。

刺激を受けた肌は自らを守ろうと、メラニン色素がつくられ、結果しみ、くすみが出やすくなります。



これらの事を知った上で、正しい洗顔をする事が大事です。






わざわざ読んでくれた方
ありがとうございまます



次は 正しい洗顔についてです





ログランキングです♪
いいなと思ったら是非クリックしてやってください♪


スポンサーサイト



ニキビのできる場所別・共通の原因と対処法


1つずつ、説明していきます



【生え際・おでこ】

・シャンプーやリンス、整髪料などの不十分なすすぎ

シャンプーに含まれる界面活性剤、コンディショナーや整髪料の過剰な油分が毛穴に入り込み、ニキビの治癒を妨げる場合があるのです。また、それほど有害成分を含まないシャンプーであっても、すすぎ不足で生え際に残ってしまえば、外部刺激になってしまうのです。


・前髪の汚れが付着して炎症を起こしている可能性

・ストレスや、食生活の乱れによる、胃腸の不調

・枕カバーなどの衛生状態に問題がある場合



洗髪ではきちんとシャンプー、リンスを洗い流すことを気を付けましょう。

食生活を見直し、ストレスが多い人は、
運動や映画など心身をリフレッシュする事が大切です。

初期の白ニキビができた時に、前髪で隠してしまうと雑菌が入りやすくなり、よりニキビを悪化させます。
症状が治まるまでは自宅にいる時だけでも、できるだけ髪型にも注意しましょう。





【鼻】

もともと鼻は、他の顔の部分と比べて、皮脂量が多い場所です。
さらに、鼻の毛穴は奥が深いことから、皮脂が毛穴に溜まりやすい場所です。


・鼻を触る癖がある場合、手からの雑菌が原因になるケース。

・ファンデーションや紫外線による刺激でターンオーバーが乱れ、毛穴が詰まっている可能性

・肝臓、大腸、肺の不調

・ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れ

・脂分の多い食事による、皮脂の分泌量の増加



鼻を触る癖のある人は、極力触らないようにしましょう。

ファンデーションの厚塗りは毛穴を塞ぐため、避けましょう。
薄く塗る、もしくはポイントメークだけにするなど工夫します。

脂分の多い食事、お菓子・チョコレートなどの糖分に気をつけて、
バランスのよい食事を心がけることが大事です。

ストレスや睡眠不足を見直して、ホルモンバランスを正常化させて整えることが、解決策となりそうです。





【頬】

・胃液の減少や虚弱・肝機能障害の可能性

・糖質や脂質の取り過ぎ

・排卵の際に起きるホルモンバランスの崩れの可能性

・ストレスによる、女性ホルモンを分泌させる脳の機能が悪化の可能性

・乾燥によるお肌のバリア機能が弱まっている可能性



特に胃腸や肝臓に負担をかける、糖分や脂肪分の摂り過ぎには気をつけ、
揚げ物、ケーキ・チョコレートなどの甘くて油分のあるもの、
肉などは特に頬のニキビを作りやすいと言われているため、なるべく避けましょう。

女性ホルモンの分泌低下は、ストレスによるものが多いといわれています。
つまり、頬のニキビを防ぐには、ストレスケアが大切です。

洗顔、保湿を正しい方法で行い、乾燥を避けましょう。





【口まわり】

・飲みすぎと食べすぎによる胃腸機能の低下

・ビタミン不足など栄養バランスの悪い食生活

・ホルモンバランスの影響



暴飲暴食を避け、バランスのよい食生活をする事が大切です。

ホルモンバランスが乱れる原因としては、
ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れや環境の変化などが挙げられるため、ひとつひとつ見直していきましょう。





【背中】

・皮脂の分泌量が多いためによる、毛穴の詰まり

・シャンプーなどのすすぎ残し

・ホルモンバランスの乱れ



大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れなどが要因となっています。

自律神経が乱れると、ホルモンバランスも崩れて、肌トラブルの原因になります。

まずは生活を見直してみましょう。規則正しい生活を心がけて、睡眠時間を多めに取ることが大切です。





【ニキビができる場所に共通する対策】


・ニキビ予防のための洗顔は洗いすぎないこと

洗顔は大切ですが、皮脂や汚れをしっかり落とすために、
1日に何回も洗顔するのは洗いすぎです。

うるおい成分を落とし過ぎてしまうと、肌が乾燥し、ニキビができてしまいます。

適度な洗顔の回数は1日2回です。

洗顔料は肌触りがソフトで洗い流せるクレンジング料がオススメです。
オイルクレンジングは注意する必要があります。

なぜなら界面活性剤をたくさん含んでいるので、毎日使っていると肌を傷めてしまうことがあるからです 洗顔後は清潔なタオルで肌を押さえるようにして水分を拭き取りましょう。



・ホルモンバランスを整えること

ホルモンバランスを整える=生活習慣の改善です。

:栄養と量に気を付けた食事

・良質なタンパク質を取ることが特に大事です。
さらに女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンもオススメ。

・規則正しく、十分に良い睡眠をとってください。
きちんと睡眠をとらないとホルモンが分泌されません。

・ストレスをためるとホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。
こまめに発散しましょう

・冷えはホルモンの分泌にとっては大敵です。
特に腰回りを冷やさないように気を付けてください









場所によって、ニキビの原因が違い、
対策も一つずつ違うのがわかったと思います。


どの場所にも共通しての対策があります。

この対策をストイックに実行できれば、
ニキビを改善する事が大きく期待できると思います。





わざわざ読んでくれた方、ありがとうございます


次回は 正しい洗顔の仕方 についてです





ブログランキングです♪
いいなと思ったら是非クリックしてやってください♪


ニキビの種類

ニキビの種類を1つずつ説明していきます




【ニキビ発生のファーストステップ】


ニキビというのは塞がれた毛穴の内部に皮脂が溜まり、アクネ桿菌が皮脂をエサにして繁殖し、炎症が起こることで悪化していきます。

ですから、最初に毛穴が詰まって塞がれることが根本原因。
この毛穴詰まりを起こす元凶こそが角栓なのです。

最初の角栓によって毛穴が詰まっている状態のことを病理組織学的分類では微小面皰と呼びますが、微小な毛穴の中で起きていることなので肉眼では確認することは非常に困難。この状態のうちにケアすることができれば目に見えるニキビに悩まされることはありませんが、この段階で気づくのは少々難しいかもしれないです。





【白ニキビ】

白っぽくポツンとできて毛孔がまだ開放されていない状態が白ニキビです。

角質が硬くなると毛穴の入口が狭まり、
うぶ毛を伝って皮膚表面に出るはずの皮脂が、皮脂が溜まっている状態。

初期の段階では、ニキビ周辺の皮膚の色は正常で、表面に少し盛り上がりが見られるか、指先で触るとやっと固まりが分かる程度の状態です。

押すと白や黄色の固まりや、粘り気のあるものが出てきますが、その大半は貯蓄されていた皮脂で、皮脂のたまったものがコメドと呼ばれるものです。





【黒ニキビ】

白ニキビから皮脂分泌がどんどん進んで肌内部に角化物質、脂肪酸、アクネ菌などが充満すると、やがて毛穴に収まりきらなくなって毛孔を押し広げて表面から顔を出すようになります。

すると、皮脂に汚れが付着したり、
皮脂が酸化したりして、先端が黒っぽくなります。

これが黒ニキビ、ブラックコメドと呼ばれるもの。
初期ニキビから徐々に悪化しつつある段階といえます。


白ニキビ、黒ニキビともに、まだ炎症は起きていない非炎症性皮疹であり、可能な限り、このタイミングで治すことがニキビケアの鉄則といえます。

この段階で上手にコメドだけ押し出せば、
痕にならずにきれいに治ることもあります。

自分でうまくできない場合は無理な力を加えてかえって悪化させてしまうこともありますので、皮膚科で処置してもらいましょう。





【赤ニキビ】

白ニキビ・黒ニキビを、
そのままにしておいて炎症が起きてしまった状態です。

この段階では、炎症が表面からもわかるようになります。


詰まった毛穴の中で皮脂を栄養源にして、アクネ菌が増殖すると、
リパーゼという脂肪分解酵素によって皮脂を遊離脂肪酸に分解します。

遊離脂肪酸は炎症を促進する作用があるため、
放っておくと赤く炎症を起こす可能性が高いのです。

さらに、好中球の過剰反応を誘発する好中球走化性因子、同じく免疫反応による炎症をもたらすサイトカイン、さらにはMMP(マトリックスメタロプロテアーゼ)といった物質を産生します。


こうした働きによって、
ニキビは赤く炎症を起こし、腫れあがってしまうのです。

アクネ菌は毛穴の常在菌で、
思春期以降、誰の皮膚にもほぼ100%住みついている菌です。

肌表面のバランスを正常に保つ役割があり、
肌に必要な菌で、悪玉菌ではありません。

嫌気性菌といって、空気のあるところでは生きられず、
毛穴の奥など空気のないところにひそんでいます。


炎症が起こるとニキビが治った後に肌に痕(色素沈着やクレーターなど)が残る可能性が出てきますので、指先でつぶしたり、手で触ったりするのは絶対にやめましょう。




【黄色二キビ】

赤ニキビの炎症がさらに強くなると、
毛穴に収まりきらなくなった内容物が周囲の組織にまで漏れ出ている上、
膿を持ってしまうと(化膿ニキビ)となります。

黄色く膿を持つ状態にまで発展すると、痛みを伴うようになります。

この段階になると、アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌までもニキビに入り込んで増殖しているため、炎症が一気に拡大していく場合が出てくるのです。

炎症が表皮の奥にある真皮層にまで達しているため、
跡が残る可能性が高い状態です。

この状態が長引くと、
治癒した後にも凹凸や色素沈着が残ってしまう恐れがあります。


たかがニキビと考えず、
湿疹などと同様に「病気」ととらえ、早い段階で治療しましょう。


早くケアを始めることで、肌へのダメージも少なくてすみますし、
保険適用の治療なら治療にかかる費用も少なくてすみますので、
ニキビができたら専門の皮膚科医に相談してください。

また、この状態になったニキビを自分で潰してしまうと、ほぼ確実にクレーターのような瘢痕が残ってしまう可能性が高いので、絶対に触ってはいけません。




【紫二キビ】

化膿ニキビがさらに悪化すると、
内部に血と膿が溜まって赤紫色に腫れあがってきます。

この状態が紫二キビです。

紫色になって腫れあがるまでに至ると、
毛穴の周囲にまで炎症が及んでいます。

この状態になってしまえば、治癒した跡もニキビ跡が残ってしまい、
根気よく瘢痕治療を続けていく必要があるでしょう。

もはや自力でのケアは不可能ですので、
1日でも早く医療機関を受診することが第一です。

間違っても、潰そうとしたり、
民間療法による治療を行ったりしてはいけません。

下手に触ってしまうと、
ニキビ跡が大きく残って、将来的な治療に長い時間を要してします。





【思春期二キビ】

思春期のニキビは、未熟な毛穴に皮脂が溜まることで発生するものです。

皮脂量をコントロールすることで予防、治療できるのは、この思春期ニキビのみ。

ある程度までは自然現象の範囲内ですが、
炎症を起こした場合は治療が必要になります。

ノットオイリーな肌質へとよくしていくことが、
基本的な治療ケア方針となります。





【大人ニキビ】

大人ニキビは男性ホルモン優位の状態になることで、
毛穴に角栓が詰まりやすくなることが主な原因。

乾燥によって角質も水分量が減るとバリア機能が低下するため、
よりニキビの発生に拍車がかかります。

ホルモンバランスと保湿が必要。

ノットドライな肌を目指しつつ、
女性ホルモン優位の状況へ導くことが重要です。




わざわざ読んでくれた方
ありがとうございます



こんな感じでどんどん書かせて頂くので、
ぜひお試しで購読してみてください


次の記事では、
ニキビができる場所別の原因について、です





ブログランキングです♪
いいなと思ったら是非クリックしてやってください♪

ニキビができる主な原因

まず、ニキビというのは皮脂を分泌する毛穴が詰まって、その中に角質や皮脂が溜まることで発生します。

そして、その詰まった毛穴の中で悪玉アクネ菌が増殖してしまうと、炎症を起こしてしまいます。


ニキビができる主な原因を1つずつ説明していきます\(^o^)/


【毛穴のつまり】

新陳代謝の低下や、ホルモンの影響等で肌の表面が硬くなり、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると、毛穴が詰まってしまいます。

また過剰な刺激により、肌を守ろうとして角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなることもあります。




【成長ホルモンの影響】

思春期になると分泌が増え、それにより特にTゾーンの皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなります。




【男性ホルモンの影響】


思春期になると、特に男性に多く分泌されるのが男性ホルモンですが、女性にも少なからず分泌されています。

また、大人になってからはストレスなどにより分泌が高まり、女性のニキビの大きな原因となっています。

男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にさせ、その上皮膚の角化を促す働きがあります。




【黄体ホルモンの影響】

黄体ホルモンは、皮脂分泌の作用があります。生理前は、この黄体ホルモンの分泌によって、ニキビができやすくなり、すでにできているニキビも悪化しやすくなります。




【ストレス】

過度の緊張、疲労、睡眠不足が原因で自律神経に変調をきたすようになります。

すると緊張をつかさどる交感神経とリラックス状態をつかさどる副交感神経のバランスが崩れていきます。

バランスが崩れると、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌され、副腎皮質からの男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌が高まってしまいます。

ストレスによる暴飲暴食なども原因の1つのようです。




【肌質】

ニキビが多発する肌質、体質というものは存在していて、特に注意するべき要素は3つあります。

まず、毛穴が小さいために角栓が詰まりやすいこと、代謝機能が低いために肌のターンオーバーが活発でないこと、皮脂分泌量が多くニキビの悪化を招きやすいこと…です。これらの条件に合致している方は、ニキビが出来やすい体質であると考えられます。

これらの特徴は先天的に遺伝で決まる要素が強く、その意味では“ニキビは遺伝する”という考え方は間違いではありません。
ニキビが遺伝するのではなくて、肌質が遺伝するのです。



 
【間違ったスキンケアや化粧品選び】
油分が多く、毛穴を詰まらせやすい成分が入ったメイクアップコスメや基礎化粧品を使っていたり、メイクをしたまま寝てしまう、といったことも、毛穴を詰まらせる原因になります。




【体の余分な熱】

体に余分な熱が溜まり、そこに老廃物が組み合わさるとニキビができやすくなるそうです。

上半身に熱が溜まりやすいため、ニキビも上半身に多いようです。




わざわざ読んでくれた方
ありがとうございますm(__)m


こんな感じでどんどん書かせて頂くので、
ぜひ更新通知をお願いします(*_*)笑


次の記事では、
ニキビの種類について書いていきます\(^o^)/





ブログランキングです♪
いいなと思ったら是非クリックしてやってください♪
07 | 2020/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

rikitooooooo

Author:rikitooooooo
性別:男性

血液型:O型

身長:182

体重:69
地域:愛知県
趣味/特技:旅行.美容研究!!笑


彼女がニキビで悩んでます(._.)



一緒にいろいろ調べてみてる間に、
知識が沢山集まりました!!



せっかくなので、悩んでる方、美容マニアの方、
のためになると思い!!!



少しでも役立てる情報を、
送れたらなと思います( ̄^ ̄)ゞ



頑張るので、
ぜひ購読おねがいしますm(__)m   

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR